緊急事態宣言中のディズニーチケット返金手続きってどうすればいい?

人気話題

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2日に東京、神奈川、埼玉、千葉に緊急事態宣言の要請する方針となりました。

緊急事態宣言が発令した場合、ディズニーリゾートは昨年の様に休園となってしまいます。

その場合、既に購入したディズニーチケットについて、返金手続きをしなければなりません。

昨年緊急事態宣言した際のディスニーリゾートチケットの返金手続き方法について紹介します。

ディズニーチケットは、返金か有効期限の延長をしてくれる!

緊急事態宣言が発令された場合、既に購入しているディズニーチケットはどうすれば良いのか?

本来ディズニーチケットは、キャンセル、返金不可ですが、緊急事態宣言中に限り、既に購入している未使用のディズニーチケットは、『返金』もしくは、『有効期限延長』してくれます!

しかし、緊急事態宣言が発令された場合、昨年休園期間を考えると開園の予想はつかなさそうなので、返金が無難と思います。

ディズニーチケットの返金手続き方法!

緊急事態宣言が発令された場合のチケット返金手続きの方法を紹介します。
なお、手続きに要した手数料は返金対象外なのでご注意ください。

まずは、チケット購入場所で問い合わせ先が異なりますので、下記表で確認してください。

問い合わせ先が『購入場所』の場合、購入した店にお問い合わせください。

『チケット対応WEBフォーム』の方は、以下の手順でお進みください。

チケット返金手続き

まずは、ディズニーリゾートの公式サイトへアクセスします。

チケット返金手続き手順

画面遷移

チケット返金手続き

画面遷移

ディズニーチケット返金手続き

画面が下にスクロールされる

ディズニーチケット返金手続き

タブ表示

ディズニーチケット返金手続き

画面遷移

ディズニーチケット返金手続き

チケットの画像を添付する必要がありますが、画像容量を『2MB以下』にする必要があります。

画像の切り取り(トリミング)もしくは、画像圧縮で行います。

ディズニーチケット返金手続き

以上となります。

2020年の緊急事態宣言時のディズニーチケット返金手続き方法を紹介しました。

チケット返金手続きは、面倒ですが高額ですので、しっかり手続きをしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました